メニュー

懐石海苔という新ジャンル。

厳選佐賀市海苔「くちどけ」半切6枚×2P;2,200円、全形5枚×4p:5,500円

有明海の海苔漁師たちの手間と愛情で育まれた佐賀市海苔。この海苔が“最高品質”であることを伝えるために、ふさわしい表現とはなんだろう。そう考えていた時、私たちはひとつの事実を思い出しました。東京の某一流ホテルの料理人の方々が、さまざまな海苔の 食べくらべを行い、味、香り、艶など最も優れた海苔を決める機会がありました。そこで満場一致でお選びいただいたのが、私どもの佐賀市海苔。そのホテルでは今でもさまざまな日本料理店、レストランのメニューにご利用いただいております。一流の料理人の方々に食して、選んでいただいた。この事実こそ、私たちの誇りです。でも、もしも初めて佐賀市海苔を食べる方には、“海苔茶漬け”をお薦めしています。出汁を注ぐと、海苔の香りがフワッと舞い上がり、口に運べばその風味が、口の中いっぱいに広がり、溶けていく。そんな極上の感覚を楽しんでいただきたくて、私たちはこの佐賀市海苔を「くちどけ」と名付けました。

至高の海苔「くちどけ」のお召し上がり方

お米は熱しすぎず、冷ましすぎず、温かなものを。

あえて、焼き海苔のまま盛りつけください

だし汁には、産地こだわりの「ワラスボ」を。

山葵は生の摺りたてを

器にも、こだわりを。

海苔がほどけた頃に、熱々の出汁でお召し上がりください。

『くちどけ』である理由

有明海の一部でしか穫れない海の甘みとコク。

極上の佐賀市海苔の美味しさの秘密は多くの川が流入する有明の海そのものにあります。中でも北部の奥まった佐賀市の前海には、西から塩田川、六角川、福所江川、嘉瀬川、本所江川、八田江川、早津江川、筑後川の大小8つの川が流れ込み、豊かで適度な濃さの海水を作ります。ここに張られた長さ18mの海苔網は、最大6mの干満の差を活かし、海水と陽の光を交互にあびて育ちます。これが佐賀市海苔の柔らかくて旨い、極上の海の甘みと最高のコクを生み出すのです。

佐賀市海苔漁師 杉町省次郎

日本一の生産量販売量を誇る佐賀市海苔。その中からさらに厳選されたくちどけ

佐賀海苔は11年連続生産量/販売量は日本一。その中の約80%が佐賀市から産出されます。有明海の海苔は数十項目の選別基準をもってランク付けされています。それらの厳しい基準の中から、さらに最上級ランクのくちどけのよい海苔だけを厳選し、香り豊かな焼き海苔にしあげたのが「厳選佐賀市海苔 くちどけ」です。